カーティス・が安い | タートルフェイスが人気 2017年度

この本を読んで心理面の強化と、資金管理が大事だと改めて感じました。これからも 利用したいと思います。最近の投資ブームで失敗した人にはぜひ読まれることをオススメします。

こちらになります!

2017年02月01日 ランキング上位商品↑

タートル カーティス・ フェイスタートル流投資の魔術 [ カーティス・M.フェイス ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

帯に書いてあった、「大切なことは、教えをどこまで守れるか」は、「決めたことをどこまで守れるか」と言うことだと思います。ぐいぐい読んでいけるのは!魔術でもなんでもないです。暇つぶしにはなりました。昨日 注文して 今朝 届きました。梱包も 綺麗ですし送料無料も 有り難いです。少しだけ株式投資しています。投資関係の本はどれも似たり寄ったりで新しい知識を得ることはなかなかできないけれど!メンタルについての本をまだ読まれていない方には!最高に近い本です。 もっとも!そのフツーのルールが実行出来たのならダイエットも成功するんですけどねえ。前から!こういうのに興味があったのですが!何となく手つかずでした。有効な投資戦略をいかに愚直に実行することが大切かを説いています。トレード手法やテクニカルについては若干!読み飛ばしながら最後まで完読してみて成功の秘訣は秘密なことでもなくごくフツーのルールだということ。。しかしあと2,3日持っていれば当初自分で見込んでいた通り値を上げるのを見て悔しい思いを先日しました。投資をする人は必読の本だと思います。株を持つようになって気が付いたのは評価益が出ている間はもっと上がるまで待とうという心理が働くのに1円でも評価損が出るとすぐにでも売りたくなるという心理。同じ内容を分かりにくく書いてある本は多いので。商品取引所がまだ電子取引が無かった頃の話ではあるもののトレーダーとしての心得についてはとても参考になりました。ぜひ読んで下さい!内容は面白みがあり興味深かったですけどあくまで参考程度でした。でも!この本が理解できるときには!素晴らしい今後が期待できるのではないかと思いました。ですが!優秀なトレーダーを育てられるか否かを賭け!二週間のトレーニングを行ったという実際の話だという この本の内容に惹かれて購入しました。手に入りにくい商品ですが!時間は掛かったものの手に入り満足しています。まだ3分の1程度しか読んでいませんが!とても頷ける内容です。これは手法等は載って無いですが!投資をしようと思うなら一回読んで損はない。まだ読んでいる途中ですが、こういう考え方をして取引してるんだなって発見がありました。難しいです。この本で気持ちを少しでも切り替えることができたらよいのかもしれません。FXを始めて数ヶ月ですが、自分で決めたことを守れなかったときはやはり収益があがりません。。成功者が語るからこそ信憑性があります。株を買う際は周到に調べて注文を出すのですが損が出て売ってしまった。友人から薦められ読みましたが大変面白かったです。。 「知ってるという事とそれを行動に移す事は違う何故なら我々は感情を持った生き物だから」 ということを改めて考えさせられます。訳本だけあって!文章も読みにくいです。そのようなマイナス面を差し引いても、1700円の価値はあると思います。大型書店に行くと 探すの大変ですし 時間 短縮です。いろんなセミナーや攻略本でも同様に言われていることですが!改めてこの本でそれを再確認が出来ました。著者に「一貫性と自己規律」、「哲学」があるからでしょう。素人にはたいへんむずかしい内容です。ただ!言いたい事をいうために!紙面を割きすぎているように思います。よくまとまっていて理解し安い。。少し難しい表現もありますが!ゆっくりと読み進めていきたいと思います。これまでも、色々と投資関係の本は読んできましたので、同じような部分もありますが、それを差し引いても、色々ヒントがちりばめられている、良書です。私自身はデイトレードとは無縁ですが自分では気が付かない心理面を客観視してみたいという思いがあり購入しました。投資系のホームページを作成する際の参考資料として購入しました。初めて楽天ブックスを利用したので代引きで買いましたが大変便利だと分かりました。細かい手法については!書かれていないが!メンタルについてよく書かれている。投資で成功した人も、失敗してしまった人も一読をオススメします。自分の性格の強さ・弱さを直視して、自分のトレーディングスタイルを持ち、それに従うヒント満載の本です。 レビューの中で彼の手法にイチャモンつけてる方もいるようですが、世の中に何故 トレーダーとアナリストという2つの職業があるのかが納得できます。失敗して落ち込んだときにも!読み返すと後押ししてくれるような!本だと思います。筆者がタートルズでの経験から、何をどう考えそれを行動に移したかが素直に書かれてる本です。